#
国立がん研究センターの多目的コホート研究を元に、年齢、性別、飲酒習慣、BMI(身長体重)、糖尿病、コーヒー飲用習慣、HBV感染、HCV感染、から計算しています。
#
国立がん研究センターが公開している、胃がんリスク算出のためのスコアシートをもとに、胃がんリスクを計算してみます。
#
ハリス・ベネディクトの式は体脂肪率を考慮しないため、筋肉質の人は実際よりも少なめに、脂肪が多い人は実際よりも多めに数値が算出されます。 体脂肪率を考慮した計算式には、Katch-McArdle(キャッチ・マカードル)があります。
#
たんぱく質、炭水化物、脂肪の量(グラム数)を入力し、ケトン比の目標値を入力すると、目標値との差を計算し、目標値に達するために追加する油の量を計算します。 追加する油は脂質100%という想定で、油だけを追加する場合の必要量を計算します。
#
基礎エネルギー消費量の計算式。身長、体重、年齢、性別から、一日の消費カロリーを計算します。こちらのフォームでは、活動係数・ストレス係数も入力できます。
#
基礎エネルギー消費量の計算式。身長、体重、年齢、性別から、一日の消費カロリーを計算します。
#
成長期の子供の肥満度は、BMIよりもローレル指数を用いることが多いようです。
#
適切な飲酒量は、アルコール1日20g程度と言われています。お酒の種類と量から、含まれるアルコール量を算出する式です。
#
ケトン食療法の目安となる指数。たんぱく質、脂質、炭水化物摂取量を入力して自動計算。
#
身長と体重から、肥満度の目安を算出する。理想体重は、BMI=22