プログラミングスクール

ITエンジニアの土日の副業はおすすめ?案件獲得におすすめサービス3選を紹介

ITエンジニアの土日の副業はおすすめ?案件獲得におすすめサービス3選を紹介

会社員のITエンジニアは、土日で副業を始めることをおすすめします。会社の給料以外にも収入源が確保でき、ビジネス感覚も養えるからです。しかし、普段から忙しく働いている会社員の方は、いきなり副業を始めるのは難しいです。

 

本記事では、以下のような副業を始める上で役立つ情報を載せています。

  • ITエンジニアが副業を始めるときのメリット
  • ITエンジニアが副業を始めるときのデメリット
  • ITエンジニアが魅力的な副業案件を見つけるための方法

本記事を読むことで、これまでなかなか副業を始められなかった方でも、新たな一歩を踏み出せるでしょう。

 

ITエンジニアが土日に副業を始めるべき5つのメリット

ITエンジニアが土日に副業を始めるべき5つのメリット

ITエンジニアが持つスキルは市場で重宝されています。なぜならば、ITエンジニアの需要が年々高まるものの、実務に精通したIT人材の不足が深刻化しているからです。

 

価値あるスキルを持ったITエンジニアなら、個人でも大きく稼ぐことが可能です。ここからは、ITエンジニアが土日に副業を始めるメリットを5つ紹介します。

  • 売上に敏感になることでビジネス感覚が身につけられる
  • 【週1から可能】在宅で開発案件ができる
  • ITエンジニアの経験が活かせる
  • フリーランスエンジニアへの足がかりになる
  • 社外の人脈が増える

上記の5つのメリットについて順番に説明していきます。

 

①売上に敏感になることでビジネス感覚が身につけられる

副業をすることにより、実践を通してビジネス感覚を養えますビジネス感覚は会社員にありがちな、指示された会社の業務をこなしているだけではなかなか身に付かないものです。

 

ビジネス感覚とは、具体的には以下を指します。

  • 時給労働から抜け出し、成果を追求すること
  • 売り上げばかりではなく、利益を生むことに注力すること
  • 時間の価値を再認識すること

決められた時間に働いていれば給料がもらえる会社員とは性質が大きく異なることがお分かりいただけるでしょう。

 

ビジネス感覚を身につけられるように売上を上げる意識を持って副業を始めましょう。

 

②【週1から可能】在宅で開発案件ができる

あなたは会社に通勤するために、普段どれだけの時間を費やしていますか。もし在宅で仕事ができれば、通勤のために使っていた時間が丸々浮きます。

 

通勤のために使っていた時間を、興味がある分野の本を読んだり新しい知識を吸収するための勉強に使ったりすれば、有意義な時間を過ごせます。たとえ1日の通勤時間としては短くても、1ヶ月、1年と積み重ねていけば大きな差となるはずです。

 

在宅での開発案件であれば週1回から携われるので、本業で通勤している人にとって在宅勤務は大きなメリットでしょう。

 

③ITエンジニアの経験が活かせる

③ITエンジニアの経験が活かせる

ITエンジニアとしての実務経験は転職時だけではなく、副業の案件を探す時にも大いに役立ちます。IT人材の不足は年々深刻化していくと考えられており、エンジニア職の「売り手市場」は今後も続くと予想されるからです。

 

ITエンジニアとしてキャリアアップしたいと思っている人は、思い切って副業をしてみると新たな気付きを得られるかもしれません。

 

④フリーランスエンジニアへの足がかりになる

一般的に、会社員としての収入はある程度で頭打ちになりますが、フリーランスエンジニアの場合は収入に上限がありません。

 

フリーランスエンジニアは、仕事内容や仕事のスケジュールを自分で決められ、自分がこなした仕事は紛れもなく自分の実績になります。会社員は、会社の看板に助けられて仕事をするので性質は正反対です。

フリーランスエンジニアは実力主義の世界だからこそ、継続して成果を出すのは厳しいです。誠実に一つ一つの仕事をこなしていくことで、おのずと結果はついてきます。地道な努力を継続することが大切なのです。

 

副業を始めると、フリーランスとしての働き方をイメージできます。まずは副業にチャレンジしてみて、会社員とフリーランスのうち、どちらの働き方が自分に合っているのかをじっくり見極めるとよいでしょう。

 

⑤社外の人脈が増える

会社の中だけで構築できる人脈には限りがあります。副業をすることにより、会社以外でも自分が活躍できる場所を作れて、多角的な考え方に触れられます。

 

社外の人脈を広げることで、自身の視野が広がるでしょう。独立を考えている人は、独立後にスムーズに仕事を獲得するためにも今から積極的に社外の人とコニュニケーションを取っていきましょう。狭い世界だけで生きるのはもったいないです。

 

ITエンジニアが土日に副業を始めるときの4つのデメリット

ITエンジニアが土日に副業を始めるときの4つのデメリット

終身雇用が崩壊した現代では、会社からの給与だけに頼らず「個人で稼ぐ力」を身に付けることが一層求められるようになりました。副業に挑戦すれば会社からの給与以外にも収入の柱を持てますが、自分の行動はすべて自分で責任を取らなければなりません。

 

副業を始めるときにあらかじめ考慮しておくべき4つのデメリットについて説明します。

  • 本業が副業禁止の場合がある
  • 確定申告の必要がある
  • 案件の良し悪しを見極める必要がある
  • 契約内容を細かく確認しないといけない

4つのデメリットを順番に説明していきます。

 

①本業が副業禁止の場合がある

勤務先が副業禁止の企業であるにもかかわらず、副業が発覚した場合は社内で罰せられる可能性があります。政府は副業を促進していますが、残念ながら未だ副業を禁止している企業が多いのが実態です。

 

本来なら堂々とできるはずの副業ですが、副業禁止の就業規則がある場合は注意しなくてはいけません。とはいえ、民間企業であれば副業をしたからといって法律に違反する訳ではないので過度に気にしすぎる必要はないでしょう。

 

➁確定申告の必要がある

副業をして利益が出たら、利益に対する納税が必要になる場合があります。税金は国税と地方税に分けられ、所得税は国に納付し、住民税は居住する各市町村に納付します。

 

税金は1/1~12/31を一区切りとして計算され、確定申告が必要となった場合の申告期限は翌年3/15です。仮に所得税の確定申告が不要なケースに該当したとしても、住民税の申告は必要です。

 

会社員ならば所得税と住民税は給与から天引きされます。副業で利益を得た場合は個人で責任を持って納税する必要があります。そのためには、基本的な税金の知識が不可欠です。

確定申告の有無などの具体的な相談は、税理士などの専門家や最寄りの税務署に依頼し、安易に自己判断しないよう注意してください。

 

③案件の良し悪しを見極める必要がある

③案件の良し悪しを見極める必要がある

会社員として業務をこなすのであれば、取り組む案件の質については気にする必要はありません。しかし、副業として案件に取り組むのであれば自分自身で案件の質を見極めるという意識を持ってください。

 

案件の良し悪しの判断は最初から正確にできるわけではなく、経験を重ねていくうちに身に付いていきます。

案件を受注する前に疑問点は質問するなどして解決する癖をつけておけば、トラブルに巻き込まれる可能性は低くなるでしょう。

 

④契約内容を細かく確認しないといけない

前述の通り、案件の良し悪しを見極める力を身に付けるためには契約内容の確認を怠らないようにしましょう。

仕事に取り掛かってから間違いや疑問点を申告しても、契約相手が対応してくれない場合があるからです。

 

契約書の内容はもちろん、契約書に記載されていない事項について不明な点があれば必ず事前に確認しましょう。一人で契約事項を確認する自信がない人は、次から紹介するスキルシェアサービスのエージェント機能を利用しましょう。

 

ITエンジニアが土日の副業を探すのにおすすめのサービス3選

ITエンジニアが土日の副業を探すのにおすすめのサービス3選

案件を獲得するためにはクラウドソーシングサービスを利用すると手軽ですが、案件の単価が低かったり、クライアントの質が悪かったりするなどのトラブルが多発しています。

 

そんなトラブルを解消できるサービスとして注目が集まっているのが「スキルシェアサービス」です。スキルシェアサービスとは、ITスキルを持った個人と、ITスキルを持った人材を求める企業の直接契約を斡旋するサービスです。

 

サービスが充実していておすすめのスキルシェアサービスを3つ紹介します。

  • Workship(ワークシップ)
  • ITプロパートナーズ
  • Another works(アナザーワークス)

いずれのスキルシェアサービスも、価値あるマッチングを提供するために、強力なバックアップ体制を整えて利用者を支えてくれます。順番に見ていきましょう。

 

①Workship(ワークシップ)

①Workship(ワークシップ)

引用元:Workship(ワークシップ)

Workship(ワークシップ)の最大の特徴は、案件成約時に1万円のお祝い金をもらえることです。なんとお祝い金は成約ごとに支給されます。

 

お祝い金制度は、必要な備品の購入費用や打ち合わせ先への交通費などに充当してほしいという思いから開始したWorkship(ワークシップ)独自の制度です。お祝い金をもらうためには、Workship(ワークシップ)上で報告する規則ですが、企業側からの報告でも構いません。

 

企業と直接契約を結べるため、仲介手数料などが取られず利益を最大限受け取れます。リモート案件も多数あるため、自宅で仕事がしたい方におすすめです。

今すぐWorkshipに申し込む

 

➁ITプロパートナーズ

➁ITプロパートナーズ

引用元:ITプロパートナーズ

ITプロパートナーズには、週2日から取り組める案件が豊富です。空き時間が不規則な場合、希望に合った案件を自分で探すのは難しいです。しかし、ITプロパートナーズのエージェントサポートサービスを利用すれば、あなたの希望にピッタリ合ったやりがいのある案件を紹介してくれます。

 

副業案件を探したい人はもちろん、自身のビジネスを展開する傍らどんどん経験を積んでスキルを向上させたい人もITプロパートナーズの利用がおすすめです。

今すぐITプロパートナーズに申し込む

 

③Another works(アナザーワークス)

③Another works(アナザーワークス)

引用元:Another works

Another worksが取り扱う案件は幅広く、他サービスでは取り扱っていないような個性的な案件が多数あります。副業では、エンジニア業務以外の案件にも取り組むことにより、自身の視野を広げるのも一つの手でしょう。

 

Another worksでは、具体的に以下の案件も募集しています。

  • 人営業・個人営業
  • 法務・経理・秘書
  • 人事・採用
  • 経営コンサル

これまでに携わったことのあるスキルを存分に活かせる案件の募集を見つけやすいのがAnother worksです。

今すぐAnother worksに申し込む

他のプログラミングスクールについてもっと詳しく知りたい方は「プログラミングスクールおすすめ人気13社比較|失敗しない5つの選び方も紹介」もご覧ください。

 

まとめ:経済的余裕や独立のためにも土日の副業はおすすめ!

まとめ:経済的余裕や独立のためにも土日の副業はおすすめ!

終身雇用が崩壊した現代では、会社に依存せず「個人で稼ぐ力」を身に付けなければなりません。しかし、普段会社員として仕事をしている人がいきなり独立するのはハードルが高いです。

 

そんな人にぜひ、利用をおすすめしたいのがスキルシェアサービスです。スキルシェアサービスを活用することで、あなたのスキルを必要とする企業に出会えます。

 

土日の副業は、ビジネス感覚を養え、社外の人脈が広がることで視野も広がるため取り組む価値が高いです。将来は独立を考えているけれど、独立してからも順調に仕事を獲得できるかが不安な人は、まずは副業で経験を積みましょう。

-プログラミングスクール
-, ,

© 2021 お買い物名人