プログラミングスクール

プログラミング職業訓練校では就職できない?おすすめしない5つの理由を紹介!

プログラミング職業訓練校では就職できない?おすすめしない5つの理由を紹介!

プログラミング職業訓練校とスクールの違いをご存知でしょうか。最初に思い付く両者の違う点としては、職業訓練校は「無料」でプログラミングが学べて、スクールは「有料」という点ではないでしょうか。

本記事では、新しくプログラミングを学ぼうとしている方に向けて、なぜプログラミング職業訓練校よりスクールが良いのかを解説していきます。

 

本記事を最後まで読むことで、初心者が実際にプログラミング学習を始めるまでの手順や自分に合ったスクールが分かり、実際にプログラミングで稼ぐための知識を身に付けられます。

 

プログラミング職業訓練校とは

プログラミング職業訓練校とは

職業訓練校とは、求職者に向けて就業において必要なスキルを身につける手助けをしてくれる施設です。職業訓練校には、プログラマー養成に特化したコースがあります。

 

これからプログラミングの勉強を始める方は、お金のかからないプログラミング職業訓練校が良いと考えているのではないでしょうかプログラミング職業訓練校は無料で通えますがプログラミングで稼ぎたい方にとってはおすすめではありません。

 

職業訓練校はスキルを身につける手助けはしてくれますが、就職のサポートはしてくれません。確実に就職を成功させてお金を稼ぎたいという方はプログラミングスクールに通うべきです。就職サポートのあるスクールで経験値を積み重ねて、確実に転職を成功させる方がよいでしょう。

 

プログラミング職業訓練校で学べること

プログラミング職業訓練校で学べること

プログラミング職業訓練校で実際に学べるプログラミング言語をご存知でしょうか。JavaやC++などと言うメジャーな言語から流行りのスクリプト言語まで幅広く勉強できます。

 

プログラミング職業訓練校に応募する際の条件はありません。応募前にどの言語を学びたいかやどういった目的で学びたいかを考えて置く必要があります。応募の際の書類選考や面接で通過しにくいからです。

 

訓練内容と学べるプログラミングについて見ていきましょう。

 

プログラミング職業訓練校の訓練内容は?アプリ開発からサイト構築まで

プログラミング職業訓練校には、様々な訓練コースがあります。例としては以下のようなものがあります。

  • JAVAやPythonなどを学びアプリ開発やシステムエンジニアになるコース
  • HTMLとCSSを学びサイト構築などを行うWEBエンジニアになるコース

プログラミングと一概に言っても、習得したいスキルによって学ぶ言語や訓練コースは異なります。自身が今後やっていきたい仕事を明確にした上でコースを選択するのが良いでしょう。

 

習得可能なプログラミング言語は?流行りのスクリプト言語も

職業訓練校では様々な種類のプログラミング言語が習得可能です。プログラミングの使用用途によって使う言語は異なります。プログラミング職業訓練校では、機械学習向けのPython、Web構築に必要なHTML&CSS、アプリ開発に便利なRubyなど多種多様な言語を学べます。

 

中でも比較的学習しやすく習得しやすい言語として人気があるのがスクリプト言語です。スクリプト言語とは簡易的な言語記述方法の総称です。文字通り簡略化された記述方式のためプログラミング初学者に人気の言語となっています。

 

プログラミング職業訓練校の就職状況

プログラミング職業訓練校の就職状況

プログラミング職業訓練校はプログラミングスクールより就職状況がよくありません。プログラミングスクール大手のテックキャンプなどでは、転職率99%を誇っていますが、令和元年のIT分野におけるプログラミング職業訓練校の就職率は56.5%にとどまっています。

 

プログラミング職業訓練校の就職率が低い理由としては、授業自体があまり丁寧なものではなくスキルを身につけることが難しいのに加えて、プログラミングスクールのように就職のサポートをしてくれるわけではないことです。

注意しておきたいのは、プログラミング職業訓練校の就職率は「就職率=プログラマーとして就職出来る確率」では無いです。プログラミング職業訓練校を修了した方が分野を問わずどこかしらに就職した割合を指しています。

 

プログラミングスキルを身につけて、スキルを存分に使える職場で働きたい方は就職サポートの厚いプログラミングスクールを利用することをおすすめします。

 

プログラミング職業訓練校をおすすめしない理由5選

プログラミング職業訓練校をおすすめしない理由5選

プログラミング職業訓練校の弱みや足かせとなり得るデメリットを5つ紹介します。

  • プログラミングの基礎中の基礎しか学べない
  • 職業訓練校を出たでけでは経験が足りない
  • 講師のスキルにムラがあ
  • 受講生の質が高くない
  • ハローワークに良い求人が少ない

プログラミングを学ぶ上で必要なポイントも含まれているので、必ずチェックしましょう。

 

①プログラミングの基礎中の基礎しか学べない

プログラミング職業訓練校をおすすめしない一番の理由は、プログラミングの基礎しか学べないことです。プログラミングを職業訓練校で学んでも仕事で使い物になりません。

 

プログラミング職業訓練校は無料でプログラミングを学えますが、プログラミングスクールなどの授業と比較した際、教材や教師などの質が数段劣ってしまいます。仕事で使えるレベルのスキルを習得することは難しくプログラミングの基礎しか学べません

 

②職業訓練校を出ただけでは経験が足りない

職業訓練校では、実用的な経験を積めません。プログラマーとして働く上では、プログラミング言語を操れるだけでは足りません。様々なツールを自在に操れなければプログラマーとして仕事をしていくことは難しいです。プログラミングを学ぶ際は座学と実践を通して学ばなくてはなりません。

 

マンツーマンなどで職業訓練校の講師が生徒に対して実践的なスキルを教えることはありません。知識のみを持っていて、仕事で力を発揮できるかわからない人を雇ってくれる企業は少ないです。

 

③講師のスキルにムラがある

③講師のスキルにムラがある

職業訓練校はスクールとは違いお金を払わずにプログラミングを学べる公的な施設です。プログラミングスクールのように生徒は顧客ではないため、講師のやる気や実力にムラがあります。

生徒の就職のために一生懸命授業する講師もいれば、授業をすることだけに重きを置く講師がいるのも事実です。

 

プログラミングスクールの講師は、職業訓練校よりも質の高い講師陣がいます。あなたのための講師が転職に特化した講義をしてくれるでしょう。

 

④受講生の質が高くない

職業訓練校の生徒の特徴として、何となくやってみようという生徒が多く受講生の質が高いとは言えません。学ぶことはプログラミングの基礎にもかかわらず、生徒の離脱率はスクールよりも高いです。令和元年IT分野における職業訓練の修了者率は75%ほどです。

 

身銭を切って学習する方が一生懸命勉強しようとなります。お金を払って通っているスクールの生徒の方が学習意欲があり切磋琢磨できる環境といえます。

 

⑤ハローワークに良い求人が少ない

職業訓練校では、就活のサポートがないため生徒自身がハローワークに行って就職活動をなければいけませんが、ハローワークにはあまり良い求人はありません。

 

良い求人が少ない理由として、多くの企業がプログラミングスクールの生徒を確保する傾向が強いからです。スクールの生徒の方が実践的な学習をしているため即戦力になりやすいのも選ばれている理由だと考えられます。

 

就職を視野に入れてプログラミングを学ぶ際は、就職サポートが厚いプログラミングスクールに通うのが現実的です。

 

おすすめのプログラミングスクール3選

おすすめのプログラミングスクール3選

前述の通り、職業訓練校は多くのデメリットがあるため、通うことはおすすめできません。プログラミングの応用が学べるプログラミングスクールに通うことで、稼げるプログラマーになりましょう。ここからはおすすめのプログラミングスクール3選をご紹介します。

 

3位:完全無料のプログラミングスクール「GEEK JOB(ギークジョブ)」

完全無料のプログラミングスクール「GEEK JOB(ギークジョブ)」

引用元:GEEK JOB公式HP

初心者でも安心、最短1ヶ月でプログラマーになれるのが強みです。すぐ質問出来る環境が10時から18時で整っています。いつでも質問できるので挫折の心配も少なく、転職サポートも手厚いです。

 

GEEK JOBなら手厚いサポートに加えて、受講コースも多岐に渡るのでおすすめです。

今すぐGEEK JOBに申し込む

 

2位:完全無料のプログラミング研修「プロエンジニア『プログラマカレッジ』」

2位:完全無料のプログラミング研修「プロエンジニア『プログラマカレッジ』」

引用元:プログラマカレッジ公式HP

プログラマカレッジは20代のフリーターや第二新卒に特化したプログラミングスクールです。正社員就業率が驚異の96%超えなのも魅力です。就職先も優良企業が多く、例えばサイバーエージェントグループやLINEグループなど、誰もが一度は耳にしたことがある大手企業が名を連ねます。

 

プログラムカレッジの最大の魅力は完全無料のプログラミング研修があり無料で学べる環境が整っているという点です。無料研修を通して自身の適性を見分けられるのもおすすめできるポイントです。

今すぐプログラムカレッジに申し込む

 

3位:確実にプログラマー就職ができる「TechAcademy」

確実にプログラマー就職ができる「TechAcademy

引用元:TechAcademy公式HP

TechAcademyは2020年8月において、オンラインプログラミング受講者数No.1の大人気プログラミングスクールです。講師の質が高く、講師の採用試験は通過率わずか10%前後です。マンツーマン指導を通して確かな実力を養います。

 

TechAcademyなら安心してプログラミングスキルを身につけて、転職出来る環境が揃っています。

今すぐTechAcademyに申し込む

 

まとめ:プログラミング職業訓練校よりもスクールのほうが転職は確実

まとめ:プログラミング職業訓練校よりもスクールのほうが転職は確実

プログラミングを学んで転職するなら職業訓練校の方がかかる費用は少ないです。確かなスキルを身に着け、転職後に稼げる転職をしたいのであればスクールの方が断然適しています。スクールの方が転職サービスも充実しています。

 

本記事を読みスクールの特徴をよく理解して、自分にぴったりのスクールを選んでください。

-プログラミングスクール
-, ,

© 2021 お買い物名人