育児休業給付金の計算

労働者が子育てするために休業する場合、育児休業給付金が受け取れます。また育児休業期間中は社会保険料などの納付が免除されます。

予定日通りなら0、遅くなった場合はプラス、早くなった場合はマイナスで記入。

実際に出産した日
標準報酬日額
出産育児一時金
総額
出産手当金
日額期間
総額
育児休業給付金
日額期間
総額
全ての合計

※端数処理の都合上、誤差が生じます。正確な金額は社労士などにご相談ください。

出産育児一時金は、一人につき42万円が支給されます。

出産手当金は、標準報酬日額の2/3が支給されます。支給期間は、出産予定日の42日前から開始、実際の出産日の翌日から56日迄となります。(双子以上の場合は、出産予定日98日前から)
※予定日より早く出産した場合、実際に休業している場合は産前休業は42日まで支給されます。

育児休業給付金は、180日までは標準報酬日額の2/3が支給されます。181日以降は、標準報酬日額の1/2が支給されます。
育児休業は(保育所が見つからないなどの事情がない限り)通常は1年間です。

↑このページへのリンクです。コピペしてご利用ください。

タグ:   育児   保険