複利現価法の早見表計算

複利現価法は、配偶者居住権の評価計算式などに用いられます。利率と年数を入力して早見表を作成できます。

「10年後に貰える1万円」のような将来の資産について、現時点での資産価値を算出する、といった場合に用います。

利率
%
年数

年、%のときの複利原価法による割引率は です。

複利現価法による割引率累計

国民年金保険料を前納する場合などにも、複利現価法による割引が適用されます。

複利現価法による割引率を足し合わせたものは、年金現価係数になります。(「毎年一定金額を得る」などの場合に、現時点での資産価値を算出するのに用いられます。)

↑このページへのリンクです。コピペしてご利用ください。

  お気に入り

タグ:   日常生活   複利   年金