年金繰下げ受給額のシミュレーション

国民年金・厚生年金は、通常65歳から支給されますが、支給開始を66歳以降に遅らせることができます。これを繰下げ受給と呼びます。支給開始は遅くなりますが、毎回の支給額は増額されます。

1か月繰り下げると、0.7%増える(最大で75才=10年間まで)

となっています。例をあげると

  • 66歳0ヶ月から: 8.4%増える
  • 70歳0ヶ月から: 42.0%増える
  • 75歳0ヶ月から: 84.0%増える

となります。

元の年金額
万円
月から支給

支給額は 万円です。
本来の年金額の %です。

繰下げした場合としない場合の比較

繰下げするしない差額
70才時点万円万円万円
75才時点万円万円万円
76才時点万円万円万円
77才時点万円万円万円
78才時点万円万円万円
79才時点万円万円万円
80才時点万円万円万円
81才時点万円万円万円
82才時点万円万円万円
83才時点万円万円万円
84才時点万円万円万円
85才時点万円万円万円
86才時点万円万円万円
87才時点万円万円万円
88才時点万円万円万円
89才時点万円万円万円
90才時点万円万円万円

※金額は税引き前の金額です。公的年金の受け取り時には所得控除が適用されます。公的年金等に係る雑所得の計算もごらんください。

支給額が増えるなら、繰下げ支給のほうが得なのかな?
長生きした場合は、繰下げ支給したほうが得になるわ。

更新日:

↑このページへのリンクです。コピペしてご利用ください。

  お気に入り

タグ:   日常生活   年金   シミュレーション