配偶者居住権の評価計算式

被相続者の所有する居住用建物に居住していた配偶者は、その建物に居住する権利(配偶者居住権)があります。建物や土地を他の人が相続する場合、配偶者居住権を金銭に換算して評価します。

土地
万円
建物
万円
耐用年数
経過年数
居住権
配偶者居住権の評価額
土地
建物
合計
配偶者居住権が設定された建物・土地の評価額
土地
建物
合計

利率は3%で計算しています。詳細は複利現価法の早見表計算で確認ください。

※端数処理の都合上、丸め誤差が生じることがあります。

法定耐用年数は、建物の種類により定められています。たとえば、木造なら22年、鉄筋コンクリートなら47年です。

居住年数は、年数を決めておく他、終身とすることができます。終身とした場合は、平均余命(厚生労働省の簡易生命表を参照)を用いて計算します。

不動産譲渡益の税金計算はこちらをごらんください。

↑このページへのリンクです。コピペしてご利用ください。

  お気に入り

タグ:   不動産   相続