不動産売買仲介手数料の計算式

宅地建物取引業法では、不動産売買を仲介するとき、業者が受け取れる報酬額の上限が規定されています。この報酬額(仲介手数料)の計算式です。 金額を入れたら自動計算します。

万円
%
手数料(税抜)万円
手数料(税込)万円
金額に対する割合%

宅地建物取引業者が、取引の媒介をするときに依頼者に請求できる金額は以下のように決められています。(仲介手数料には、消費税が加算されます。)

金額料率
200万円以下の部分5%
200万~400万円の部分4%
400万円超の部分3%

※上の規定は、仲介手数料の上限ですので、不動産業者によっては上記の金額より低い金額のこともあります。

不動産譲渡益の税金計算はこちらをごらんください。

↑このページへのリンクです。コピペしてご利用ください。

タグ:   ビジネス   不動産