#
課税売上高が一定以下の事業者は簡易課税制度を選択できます。簡易課税制度の場合の消費税納税額の計算式です。
#
会社への通勤に、自家用車を使用している方もいらっしゃると思います。そのような場合、通勤手当として非課税になる金額が距離に応じて決まっています。
#
消費税率が変更されると、金額(総額)も変わりますね。消費税率変更前と後とで、金額がどれくらい変化するかを計算してみます。
#
企業(法人)が寄附を行った場合の損金算入限度額の計算式です。国・地方公共団体への寄附は全額が損金になりますが、他の団体などへの寄附は、限度額が設定されています。
#
自動車のガソリン代の計算です。走行距離、ガソリン代、燃費から、費用を概算します。 消費ガソリン量 = 走行距離 ÷ 燃費 費用 = 消費ガソリン量 × ガソリン代 となります。
#
個人事業主の方は、事業税が課せられます。業種により事業税率は異なります。
#
金(きん)を使った商品・アクセサリなどでは、14K,18K,24Kあるいは14金,18金,24金のような表記があります。この表示は、金比率(含有率)を示しています。
#
武士の家計簿(磯田道史著)より、江戸時代の貨幣価値を計算してみます。金1両 = 銀75匁、銀1匁 = 銭84文。またこの本では、金1両を現代の賃金から換算すると30万円相当と計算しています。(本は2003年発行)
#
たくさん買うと割安になる売り方(ボリュームディスカウント)と粗利の計算
#
働きながら年金を受け取る場合の年金支給額計算式です。今回は、60歳以上65歳未満の場合を取り上げます。