シャルガフの法則計算

シャルガフの法則は、A(アデニン)とT(チミン)の比率が等しい、C(シトシン)とG(グアニン)の比率が等しい、というものです。高校の生物基礎で学習します。大学入学共通テストで出ることもあります。

%
アデニン(A)%
チミン(T)%
シトシン(C)%
グアニン(G)%

二本鎖のDNAの場合、A(アデニン)とT(チミン)の比率が等しい、C(シトシン)とG(グアニン)の比率が等しい、これをシャルガフの法則と呼びます。さらに、全体が100%、という制約があるので、ATCGのいずれか1つの比率が判明すると、他の3つの比率も判明します。

  • AとT、CとGという組み合わせを覚える
  • 同じ組(AとT、CとG)は同じ比率
  • 違う組(AとC、AとG、TとC、TとG)は足すと50%

大学入学共通テストの配点換算はこちらをごらんください。

公開日:

↑このページへのリンクです。コピペしてご利用ください。

  お気に入り

タグ:   生物   大学入試