可食部率の計算式

野菜の皮、魚の骨など、食料品では、廃棄する部位があります。食べられる部分(可食部)の比率を計算します。また可食部率が分かっている場合に必要な量(発注量)の計算もします。家庭科の栄養計算などで出てきます。

可食部率の計算

廃棄部位の重さを実測値などで調べた場合の可食部の計算です。

可食部は (g)です。
可食部率は (%)です。
廃棄率は (%)です。

全体の重さと可食部率が分かっている場合

全体の重さと可食部率が分かっている場合に、可食部量を求める計算式です。

可食部の重さは (g)です。

必要な可食部量と可食部率から食品の重さを計算

必要な可食部量と可食部率が分かっている場合に、必要な食品の重さ(発注量)を求める計算式です。

発注量は (g) です。

買い物など便利なグラム単価の計算はこちら。

タグ:   算数   栄養