期待値計算機

「結果」と「起こりやすさ」の組を入力していくと、期待値を自動計算します。

数値
度数(or頻度)

行を増やす

期待値:   0 

数値頻度

期待値の計算方法

期待値は、以下のようにすると計算できます。

事象1の結果の値 x 事象1が起こる頻度(確率) + 事象2の結果の値 x 事象2が起こる頻度(確率) + 事象3の結果の値 x 事象3が起こる頻度(確率) + ...

宝くじの例で考えてみると、貰える金額の期待値は、

一等の賞金 x 一等が当たる確率 + 二等の賞金 x 二等が当たる確率 + 三等の賞金 x 三等が当たる確率 + ...

のようになります。

確率についての説明は、確率とは :: 心理学を学ぶための統計入門をご覧ください。


このページのフォーム入力欄を追加する仕組みは、jQueryでフォームを動的に追加/削除を参考に作成しています。


タグ:   ビジネス   数学   確率