相加平均と相乗平均(幾何平均)の計算式です。大学入試に出ることもあります。
動いている物体の運動エネルギーを求める計算式です。高校の物理(力学)で出てくる内容です。 動いている物体の質量(kg)と、その物体の速度(m/s)を入力すると、運動エネルギー(J)が算出できます。運動エネルギーの単位はジュールです。
一つの辺とその両端の角度から、三角形の残りの二辺の長さを計算。測量などで役立つ
楕円の面積は、長軸半径x短軸半径x円周率
摂氏、華氏の換算、絶対温度換算
地震の大きさを示すマグニチュード。エネルギーを対数に換算して表示する
光速に近い速度で近づいている物体の相対速度
二辺の長さと、その二辺の間の角の大きさが分かっている場合の計算