タグアーカイブ

#
2018/11/19 13:09
アメリカンフットボールの得点計算式です。タッチダウン6点、フィールドゴール3点など
#
2018/11/09 7:51
台形の面積の計算式です。台形はラテン語でトラペジウムといいます。四角形のうち、一対の辺が平行になっています。
#
2018/08/07 14:08
大学によっては、得点をそのまま利用するのではなく、配点を変更していることがあります(傾斜配点)。
#
2018/06/29 9:17
タイヤの扁平率は、タイヤの幅と、ゴム部分の厚さの比率を表します。
#
2018/06/27 13:20
楕円の平べったさを示す指標です。扁平率0だと完全な円。扁平率が大きくなるほど、平べったい楕円になります。
#
2018/06/17 9:52
ある数(正の整数とします)aがあったとき、aを何倍かしてできる数のことをaの倍数と呼びます。 たとえばaが10ならば、10の倍数は、10, 20, 30, ...になります。(約数は個数が決まっていましたが、倍数は無限にあります。)
#
2018/06/12 10:59
サインは高さ÷斜辺、コサインは底辺÷斜辺
#
2018/06/09 9:33
印刷物の重さの計算式です。1平方メートルの紙の重さを示す坪量、用紙1000枚の重さを示す連量などが使われます。
#
2018/06/06 8:59
勝率の計算方法。引き分けの扱い「除外」「0.5勝0.5敗」「負け扱い」
#
2018/06/04 12:44
図形の性質として特徴的なのが、「幅が等しい図形である」があげられます。この性質を利用して、マンホールのふたにこの形が使われることがあります。
#
2018/05/25 9:23
囲碁・将棋の番勝負や、プロ野球の日本シリーズでは、初戦勝利したら有利、と言われています。なので今回は、7番勝負で初戦勝利した場合に、全体の試合で勝利する確率を計算してみました。
#
2018/05/23 15:50
将棋の名人戦や竜王戦は、七番勝負という形式で戦います。名人(竜王)と挑戦者が、複数回対局をします。勝った方に1勝とし、どちらかが4勝するまで続けます。プロ野球の日本シリーズや、メジャーリーグのワールドシリーズもこの形式で試合が行われます。
#
2018/05/18 11:24
「aとbのうち、大きいほうから小さいほうを引く」を繰り返す=>いつか同じになるので、その値が最大公約数 という方法を取っています。(中学校の数学の授業では異なる方法かもしれません。)
#
2018/05/10 15:57
黄金比は、最も美しく見える比率と言われています。正確には、1 : (1 + √5)/2 です。この比は割り切れないですが、近似すると 1 : 1.62 になります。
#
2018/05/07 13:57
球の体積の計算式です。球の体積は、中心から表面までの距離(常に一定)を半径rとすると、 4/3 * π * r3 であらわされます。
#
2018/03/30 14:31
印刷業界で文字や図形のサイズを表す単位にポイントを使うことがあります。1ポイント = 1/72 インチ
#
2018/03/29 14:53
対数は、震源の強さを表すマグニチュードや、音の強さを表すデシベルなど、日常でもよく使われています。
#
2018/03/13 17:15
1, 0.8, 0.64, 0.512, ... のように、一定の比率をかけていった数値の列。これらの合計値(和)の計算式。
#
2018/03/13 8:58
小学校の算数でよく出てくる問題に、距離と時間と速さがあります。式としては、距離 ÷ 時間 = 速さです。たとえば、10kmの道を、2時間で移動すれば、速さは5km/hになります。
#
2018/03/12 9:21
メジャーリーグでは、野球の解析に統計を使うことがあります。中でも、得点と相関が高い指標として、OPS(On-base plus slugging)があります。OPSは「出塁率+長打率」です。