個人事業を営んでいる方は、報酬を受け取るときに源泉徴収されることがあります。

「報酬総額から源泉徴収の計算」については、フリーランスの源泉徴収の計算で計算できるので、そちらをごらんください。

今回は、「受け取り額から逆算して、源泉徴収額と報酬総額を計算する式」を紹介します。

受け取り額から源泉徴収額を計算

報酬により、源泉徴収税額が異なります。

  • 100万円以下 : 報酬の10.21%
  • 100万円超 : (報酬-100万円)の20.42% + 102,100

です。端数の0.21, 0.42は、復興特別所得税になります。復興特別所得税は2037年(平成49年)までの予定です。(2016年12月時点での情報です。復興特別所得税の税率や期間は、変更されるかもしれません。)

受け取り額から計算する場合、

受け取り額 × 100 ÷ (100 - 源泉徴収分)

が報酬額になります。源泉徴収額は、

報酬額 - 受取額

で計算できます。

復興特別所得税:
     
受け取る額
報酬額(税別)
消費税額
源泉所得税額
報酬額(税込)

個人事業主であれば、消費税を別途お預かりすることもありますね。消費税を別途お預かりする場合は税率の項目を設定してください。受け取る額には消費税が加算されていてる想定です。消費税を含まない報酬金額、消費税込みの報酬金額を算出します。

1円未満の端数が発生した場合、切り捨てで計算します。このため合計すると1円前後のずれが発生することがあります。

今回は、受け取り額から、源泉徴収額・報酬額の計算でした。

この記事を評価する → 6 0