個人から財産をもらうと、贈与税が課されることがあります。贈与税の計算と税率(国税庁)によると

  • 1年間(1/1から12/31)にもらった合計額が対象
  • 基礎控除額110万円

のため、年間110万円までなら、贈与税は0となります。

一般贈与財産

直系尊属(父母、祖父母など)以外から受け取った場合の計算式です。

200万円以下 10%
300万円以下 15% - 10万円
400万円以下 20% - 25万円
600万円以下 30% - 65万円
1000万円以下 40% - 125万円
1500万円以下 45% - 175万円
3000万円以下 50% - 250万円
3000万円超 55% - 400万円

特例贈与財産

直系尊属(父母、祖父母など)から受け取った場合の計算式です。

200万円以下 10%
400万円以下 15% - 10万円
600万円以下 20% - 30万円
1000万円以下 30% - 90万円
1500万円以下 40% - 190万円
3000万円以下 45% - 265万円
4500万円以下 50% - 415万円
4500万円超 55% - 640万円
贈与総額(万円)
課税対象額(万円)
一般贈与の割合
特例贈与の割合
贈与税額(万円)

一般贈与財産と特例贈与財産と両方がある場合は、その割合に応じて税額計算します。

親から贈与される場合は、税額が少なくなるんだね。

- 当サイトの計算フォームは、自動見積フォーム「マイ見積」を利用しています。 -