賃貸住宅を借りるときの金額の計算式です。賃貸住宅を借りるとき、だいたい以下のような費用が発生します。

  • 家賃(毎月かかる)
  • 共益費(毎月かかる)
  • 礼金(契約時にかかる)
  • 敷金(契約時にかかる。解約時に返金)
  • 仲介手数料(契約時にかかる)

敷金は、(汚損などが無ければ)解約時に返金されますが、下の計算式では全額支払うものとして計算しています。

※この他にも、鍵交換費用やクリーニング費用などが発生することがあります。契約するときに確認するようにお願いします。

賃貸住宅そのものの費用ではありませんが、引越しする費用も結構大きくなります。なので引越し費用も含めて、家賃の総額と、一ヶ月あたりの金額を計算してみます。

入居時費用
月々費用
トータル費用
1ヶ月あたり費用

入居時には、家賃・共益費一か月分、敷金・礼金・仲介手数料・引越し費用がかかると想定しています。

月々の費用は、2月目以降の支払額(家賃+共益費)です。1ヶ月あたり費用は、入居時の費用を、全期間にならして配分した場合の費用です。

引越しするときは、家賃に目が行きがちですが、家賃だけでなく、その他の項目も確認しておきましょう。

※引越し費用は、引越しシーズン(卒業、就職などが集中する3月・4月)を避けると、かなり安くなることもあります。

敷金礼金が●ヶ月分

敷金・礼金は、●●万円、と書いてある場合もあれば、家賃の●か月分、と書いてある場合もあります。

家賃の●か月分、と書いてある場合の式が↓です。

入居時費用
月々費用
トータル費用
1ヶ月あたり費用
この記事を評価する → 4 0