モーターなどの動力源の回転とトルク(力のモーメント)を、速度を遅くして伝える(回転数を少なくして伝える)機械を減速機と呼びます。

歯車の2つの歯車を用意します。歯車1は歯数10、歯車2は歯数20だった場合、この2つを噛みあわせて回転させると、歯車1が2回転したときに歯車2が1回転します。このようにして速度を変えることができます。(もちろん、実際の減速機では、歯車をたくさん使っているものもあります)

入力側の速度・トルク、減速比から、出力側の速度・トルクを計算できます。

 

出力回転数(rpm)
出力トルク(N・m)

関連計算式

- 当サイトの計算フォームは、自動見積フォーム「マイ見積」を利用しています。 -