山登りすると、ふもとよりも涼しく感じることがあると思います。また、富士山など高い山では、水が100度より低い温度で沸騰します。

これは、標高(海水面からの高さ)が高くなると、気温が下がり、また気圧が下がるからです。

標高と気温

標高が1,000m高くなると、温度は6.5度下がります。(対流圏:地表から約11kmまでの範囲で、この関係が成り立ちます。)

標高mでの気温は度です。

海抜0地点の気温を計算する

標高と、その場所の気温から、海抜0地点の気温を計算できます。

海抜0地点での気温は度です。

気圧を計算する

海抜0地点の気圧、現在地の標高、現在地の気温から、現在地の気圧を計算できます。

標高mでの気圧は hPaです。

計算には、http://www.wxaviation.com/ISAweb-2.pdfに記載されている式を利用しました。

- 当サイトの計算フォームは、自動見積フォーム「マイ見積」を利用しています。 -