楕円は、長い側と短い側がありますね。楕円の平べったさ(潰れ具合)を示す指標が扁平率です。(自動車のタイヤの扁平率については、こちらの記事をご覧ください。)

楕円

扁平率 = (長軸 - 短軸) / 長軸

で計算できます。完全な円の場合は扁平率0で、平べったくなるほど扁平率が大きくなります。

扁平率は です。

平面の場合は円・楕円で扁平率が計算できます。立体の場合、平面での楕円に相当するのは回転楕円体です。回転楕円体は、楕円を軸の周りに回転させたものです。

地球などの天体は、球よりも回転楕円体に近いです。これは自転により、赤道方向が極方向よりも長くなるからです。

ちなみに地球の扁平率は約0.0034、太陽系惑星の中で扁平率が大きいのは土星の約0.098です。

天体望遠鏡で土星を見たことがあるけど、平べったくみえた。
惑星の中でも土星は扁平率が大きいから、平べったく見えるね。

- 当サイトの計算フォームは、自動見積フォーム「マイ見積」を利用しています。 -