黄金比は、最も美しく見える比率と言われています。正確には、1 : (1 + √5)/2 です。この比は割り切れないですが、近似すると 1 : 1.62 になります。

黄金比は、下の画像全体の縦と横の比率です。また、左の正方形(水色)を取り除き、右の長方形(黄緑色)の横と縦の比率も黄金比となります。

黄金比

黄金比になるのは、 : です。

ディスプレイ画面の大きさや、名刺の大きさなどは、この黄金比に近い比率になっていることが多いです。

※端数の処理の都合上、上記の黄金比計算式の結果は、完全な黄金比ではなくて近似値となります。

- 当サイトの計算フォームは、自動見積フォーム「マイ見積」を利用しています。 -