直列回路電圧と電流と抵抗の計算式、その2です。

今回は、直列回路(抵抗を2つ、一本道に並べる)場合です。この場合は、2つの抵抗の値を合計したものが、回路の抵抗になります。

電圧をV、電流をI,抵抗をR1, R2とすると、

V = I(R1 + R2)

という関係が成り立ちます。

電圧と抵抗から、電流を計算

流れる電流は アンペアです。

電圧と電流と抵抗の1つから、残りの抵抗を計算

回路の電圧と電流、さらに2つの抵抗のうち1つの値が分かっている場合に、残りの抵抗を計算してみます。

抵抗は オームです。
(数値がマイナスになる場合は、電流の値が大きすぎて計算できない場合です。)

電流と抵抗から、電圧を計算

電流と抵抗2つの値が分かっている場合の計算です。

電圧は ボルトです。

関連計算式

- 当サイトの計算フォームは、自動見積フォーム「マイ見積」を利用しています。 -