スロープに必要な距離の計算

車椅子などでの移動に配慮したバリアフリーのためには、階段だけでなくスロープ(傾斜路)の設置が好ましいです。建築物移動等円滑化誘導基準チェックリストによると、

勾配が1/12以下である
高さ75cm以内ごとに、踏幅150cm以上の踊場を設けている

などの基準があります。

  • BC、DEの勾配が 1/12以内
  • BとC、DとEの高さが 75cm以内
  • CDの距離が150cm以上

となります。また↓の計算式では、AB、EFも150cm以上として必要な距離を計算しています。

1/

必要な長さは、(cm)です。

スロープの設置には、結構長い距離が必要になるね。

↑このページへのリンクです。コピペしてご利用ください。

タグ:   日常生活   看護