メルカリは、不用品を売買するために使う人もいますが、それだけではありません。仕入れて販売する、という小売業ビジネスの場所として使う方もいます。

今回は、そういった小売業として使う場合に、利益率の計算や、目標利益から販売額逆算などをしてみます。

仕入れ価格と販売価格から利益を計算する

仕入れ価格
販売価格
送料
販売手数料
手元に残る金額
利益
利益率(%)
参考:利益ゼロとなる販売額

計算式の詳細は以下の通りです。

販売手数料 = 販売価格の 1/10
手元に残る金額 = 販売価格 - 送料 - 販売手数料
利益 = 手元に残る金額 - 仕入れ価格
利益率 = 利益 / 販売価格 (パーセントに換算)

仕入れ価格と利益から販売価格を決める

「商品を売るときに、これくらいの利益が欲しい」という場合は、下の計算式が便利です。

仕入れ価格
利益
送料
販売価格
販売手数料
利益率(%)
参考:利益ゼロとなる販売額

計算式の詳細は以下の通りです。

販売価格 = (仕入れ価格 + 利益 + 送料) x 10/9
販売手数料 = (仕入れ価格 + 利益 + 送料) x 1/9
利益率 = 利益 / 販売価格 (パーセントに換算)

仕入れ価格と利益率から販売価格を決める

仕入れ価格と利益率から販売価格を決める場合です。

仕入れ価格
利益率(%)
販売価格
送料
販売手数料
手元に残る金額
利益
参考:利益ゼロとなる販売額

以下のようになるように、販売価格を計算しています。

販売価格 - 販売手数料(販売価格の 1/10) - 利益(販売価格 x 利益率) = 仕入れ価格 + 送料)

 

固定費がある場合の損益分岐点計算はこちらをごらんください。固定費とは家賃などのように、売上額がいくらかに関わらず定額で発生する費用のことです。

メルカリ転売で利益出すこともできるんだ。
上の計算式は、仕入れた物が売れる前提だけど、実際には全部売れるとは限らないわ。
なるほど、売れ残ったら赤字になるかもしれないね。
その通りね。
それから、利益の額次第では、確定申告や所得税の納税も必要になるわ。
ありがとう。税金を支払えるくらい稼げるように頑張るよ。

- 当サイトの計算フォームは、自動見積フォーム「マイ見積」を利用しています。 -