金利が一定の場合、元本は雪だるま式に増えていきます。例をいくつかあげると、

  • 年利1%なら、2倍になるまで70年ぐらい
  • 年利10%なら、2倍になるまで7年ぐらい

今回は、利息と年数の関係を計算してみます。

利率から2倍になる年数を求める

年利率が想定できる場合に、2倍にするまで何年かかるか、を計算してみます。

2倍になるまでの年数は 年です。
3倍になるまでの年数は 年です。

2倍になる年数の計算は、

(1+利率)^x = 2

となるxを求めればOKです。(利率が%なら1/100に変換します。)

2倍にする年数から利率を求める

逆に、「何年後までに2倍にする」という場合に、どのくらいの利率にしたらよいか、というのも気になりますね。

資産を10年で二倍にしたい、20年で二倍にしたい、といった場合に、どれくらいの収益パフォーマンスを出したらよいのか、というのも計算できます。

2倍にするための利息は %です。
3倍にするための利息は %です。

2倍にする利率の計算は、

(1+x)^年数 = 2

となるようなxを求めればOKです。(概算では72の法則、「72割る年数が利率にだいたい等しい」という計算方法があります。)

3倍にする利率の計算は、

(1+x)^年数 = 3

となるようなxを求めればOKです。(概算では115の法則、「115割る年数が利率にだいたい等しい」という計算方法があります。)