定年後に再雇用などで働きながら年金を受け取る場合の計算です。前回は60歳以上65歳未満でした。今回は65歳以上の場合です。

総報酬月額相当額(万円)
年金支給月額(万円)

計算方法は以下の通りです。(平成29年度)

基本月額+総報酬月額相当額 計算式
46万円以下 基本月額
46万円超 基本月額 - (総報酬月額 + 基本月額 - 46万円)

表の46は、支給停止調整額です。平成29年度は46ですが、年度により見直しが行われます。

基本月額と総報酬月額相当額が46万円以下の場合は、年金支給額は減額されないわけですね。

関連計算式

- 当サイトの計算フォームは、自動見積フォーム「マイ見積」を利用しています。 -