公正証書遺言の手数料計算

財産相続について、自分の要望を公正証書遺言に残す場合の手数料を計算します。

財産価額(単位:万円)を、相続する人ごとに記入

相続する人を増やす

公証人の出張を:
     

費用:   0 

財産価額(単位:万円)基本手数料(単位:円)
出張加算(単位:円)
出張を依頼する場合
公証人の出張日当(単位:円)
出張を依頼する場合
遺言加算(単位:円)
総額1億円以下の場合
枚数加算(単位:円)
4枚を超える場合

計算方法

まず、以下の表に従って、相続する人それぞれの費用を算出します。(基本手数料)

財産の価額手数料
100万円以下5,000円
100万円超 200万円以下7,000円
200万円超 500万円以下11,000円
500万円超 1,000万円以下17,000円
1,000万円超 3,000万円以下23,000円
3,000万円超 5,000万円以下29,000円
5,000万円超 1億円以下43,000円
1億円超 3億円以下43,000円に、5,000万円ごとに+13,000円
3億円超 10億円以下95,000円に、5,000万円ごとに+11,000円
10億円超249,000円に、5,000万円ごとに+8,000円

財産の総額が1億円以下の場合は、遺言加算11,000円がかかります。

公証人の出張を依頼する場合は、基本手数料の50%を加算します。また公証人の日当20,000円がかかります。(↑の計算では省略していますが、公証人の交通費の実費がかかります。)

遺言書の枚数が4枚を超える場合は、超過分1枚につき250円がかかります。

※ご自分で遺言書作成をする場合の手数料計算式です。司法書士など専門家に遺言書作成を依頼する場合は、費用が別途かかります。

※公正証書遺言には、証人二人が必要となります。


このページのフォーム入力欄を追加する仕組みは、jQueryでフォームを動的に追加/削除を参考に作成しています。


遺言を残しておけば、自分の死後も安心だね。

↑このページへのリンクです。コピペしてご利用ください。

タグ:   遺言   老後   相続