カイ二乗検定による独立性の検定

2つの要素の2つの観察について、それぞれが独立しているかどうかを検定する方法の1つに、カイ二乗検定があります。カイはギリシャ文字でχです。例としては、[男性or女性]と、[共和党支持or民主党支持]です。

 共和党支持民主党支持
男性100人80人
女性80人100人

のような観察データが得られた場合に、男性or女性と、共和党支持or民主党支持は独立しているのか、相関があるのか、を計算します。


χ2の値はです。

χ2の値評価
3.84未満p >= 0.05
3.84以上 6.64未満p < 0.05
6.64以上p < 0.01

相関性があるかどうかは、「サンプルの偏りが偶然に起きる確率がどれくらい低いか」で判断します。5%や1%で判断することが多いです。
確率・統計については心理学のための統計入門をごらんください。

バナー広告の効果測定(ABテスト)などでも役立つわ。

タグ:   数学   統計