メートル法と尺貫法

日本では、距離を示すのに、メートル、センチメートル、キロメートルなどが使われます。

昔は尺や寸なども使われました(尺貫法)し、大工さん等建築関係の方は使うかもしれませんね。

  • 1寸 = 1/33m ≒ 3.03cm
  • 1尺(10寸) = 10/33m ≒ 30.3cm
  • 1間(6尺) = 60/33m ≒ 1.82m

ヤードポンド法

アメリカやイギリスなどでは、インチ、フィート、ヤード、マイル、などを使うこともあります。(ヤードポンド法と呼びます。)

  • 1インチ = 2.54cm (0.0254m)
  • 1フィート(12インチ) = 30.48cm (0.3048m)
  • 1ヤード(3フィート) = 91.44cm (0.9144m)
  • 1マイル(1760ヤード) = 1.609344km (1609.344m)

となっています。

メートルからヤードポンド法へ換算

インチ
フィート
ヤード
マイル

ヤードポンド法からメートルへ換算

cm
m
km

ゴルフやアメリカンフットボールなどでは、長さをヤードで表示することが多いですね。

サッカーでは、コートの広さなどの表示にメートル法が使われていますが、フリーキックなどでボールから9.15メートル(約10ヤード)離れる、といった、ヤードポンド法に由来する決まりがあります。

野球では、日本だと投手のボールの速度は時速150km、のように表現しますが、大リーグだと投手のボールの速度を時速90マイル、のように表現します。時速100マイル≒時速160kmです。エンジェルスの大谷選手は、時速100マイルを記録できるかもしれませんね。


この記事を評価する → 2 0