大きな数字を表示するときに、100000000のように書くことは、もちろん可能です。しかし、この方法だと、0がいくつあるのか?を数えるのが大変になることもあります。このような場合、

100000000 = 1.0 x 108

のように、数字の右上に数字を記述します。10を8回かける、という意味を表します。この右上の数字を「指数」と呼びます。(経済学など他の分野で「指数」という用語が使われる場合、で「指数」は基準となる値の意味のこともあります。)
読み方としては、

10の8乗

のようになります。では実際に計算してみましょう。

は、10の乗です。

大きな数字であっても、「10の何乗か?」という形に変換されます。最初は慣れないかもしれませんが、慣れてくると0を一杯書くよりも楽になります。

また、指数は整数だけでなく、小数も可能です。102.5のように、書くことも可能です。

注意点

指数で表記されている数を見た場合は、指数が少し違う場合でも、大きな差になる、という点を注意しておきましょう。

105と106は、ぱっと見ると5と6が異なるだけですが、実際には、100,000(十万)と1,000,000(百万)になります。

指数から実際の数値を計算する式です。(処理の都合上、最大20まで対応です。)

10の乗はです。

この記事を評価する → 0 0