偽陽性率の計算

PCR検査など、検査精度は100%とは限りません。「罹患していない人を罹患していると判定する(偽陽性)」「罹患している人を罹患していないと判定する(偽陰性)」といった可能性があります。

実際のデータから偽陽性率・偽陰性率を計算

検査結果と実際の罹患から、偽陽性率・偽陰性率を計算します。

罹患している
罹患していない
検査で陽性
検査で陰性

感度(真陽性率)
特異度(真陰性率)
偽陽性率
偽陰性率
陽性的中率
陰性的中率
陽性尤度比
陰性尤度比

検査精度と罹患者から、偽陽性・偽陰性の人数を計算

検査の精度が既知の場合の計算式です。

検査人数
万人
罹患者
検査精度
%
罹患している罹患していない
検査陽性
検査陰性
実際は罹患していない人でも、陽性と誤判定される人は結構いるね。

↑このページへのリンクです。コピペしてご利用ください。

タグ:   数学   統計