電流・電圧・抵抗の計算

回路図

電気回路に流れる電流を計算します。電圧1個、抵抗1個の単純なケースを考えます。電源は直流を想定しています。

電流・電圧・抵抗の関係

電流をI(アンペア)、電圧をV(ボルト)、抵抗をR(オーム)とすると、電流・電圧・抵抗の間には、下記の関係(オームの法則)が成り立ちます。

V = RI

この関係を利用すると、回路に流れる電流量が計算できます。

電流は アンペアです。

電圧と電流から抵抗を計算する

上の計算では、電圧と抵抗の値が分かっていて、電流を計算しました。電圧と電流が分かっている場合は、オームの法則を利用して、抵抗の値を計算できます。

抵抗は オームです。

電流と抵抗から電圧を計算する

電流と抵抗の値が分かっている場合は、電圧が計算できます。

電圧は ボルトです。

次回は、抵抗が2つの場合の電流を計算してみます。

関連計算式

- 当サイトの計算フォームは、自動見積フォーム「マイ見積」を利用しています。 -