小学校の算数でよく出てくる問題に、距離と時間と速さがあります。式としては、

距離 ÷ 時間 = 速さ

です。たとえば、10kmの道を、2時間で移動すれば、速さは5km/hになります。(km/hは、一時間あたりのキロ数=時速を示す)

距離と時間から速さを計算

速さは、 (km/h)です。

距離と速さから時間を計算

目的地が6km先で、時速3kmで歩いたら何時間かかるか?みたいなケースもありますね。その場合は、

距離 ÷ 速さ = 時間

になります。

移動に 時間かかります。

時間と速さから距離を計算

時速4kmで3時間歩いたら、どれだけの距離を移動したか?という問題にも、計算で解答できます。この場合は、

速さ × 時間 = 距離

になります。

移動距離は kmです。

今回は、距離の単位はkm(キロメートル)、時間はh(時間)で固定しています。学校の課題などでは、距離の単位がメートルだったり、時間の単位が分や秒だったりするかもしれません。その場合は、単位の換算が必要になります。

自動車の急ブレーキの停止距離(空走距離と制動距離)もごらんください。

※距離の単位にはさまざまなものがあります。詳しくは距離の単位換算をごらんください。

- 当サイトの計算フォームは、自動見積フォーム「マイ見積」を利用しています。 -