iDeCoは掛金全額所得控除で税金がお得

iDeCo(確定拠出年金)は、掛金全額所得控除になるので、節税効果が高いです。所得税の区分が最低税率でも、所得税5%住民税10%、合計15%の節税になります。

計算例

いくつかのパターンで計算してみました。

課税所得150万円の人が、月10,000円拠出

iDeCoの節税効果6,000円

年間拠出額: 120,000円
所得税(iDeCo無し): 75,000円
所得税(iDeCo有り): 69,000円
所得税の節税額: 6,000円
節税割合: 5%

課税所得250万円の人が、月10,000円拠出

iDeCoの節税効果12,000円

年間拠出額: 120,000円
所得税(iDeCo無し): 152,500円
所得税(iDeCo有り): 128,500円
所得税の節税額: 212,000円
節税割合: 10%

課税所得350万円の人が、月10,000円拠出

iDeCoの節税効果24,000円

年間拠出額: 120,000円
所得税(iDeCo無し): 272,500円
所得税(iDeCo有り): 248,500円
所得税の節税額: 24,000円
節税割合: 20%

課税所得が多い人ほど、節税効果も高くなります。

※iDeCoに加入すると、所得税に加えて、住民税も節税になります。住民税の節税割合は10%です。

所得税の区分が最低税率でも、所得税5%住民税10%、合計15%の節税

iDeCoに加入すると、所得税の区分が最低税率の5%の場合でも、住民税10%と合わせると15%の節税になります。
節税という形で、「購入額の15%がキャッシュバックされる」と考えると、どれほど凄いことか、が分かるかと思います。

にほんブログ村 その他生活ブログ iDeCo・401k・年金へ
にほんブログ村

更新日:

↑このページへのリンクです。コピペしてご利用ください。

  お気に入り

タグ:   資産   投資   年金