国民年金・厚生年金は、通常65歳から支給されますが、支給開始を66歳以降に遅らせることができます。これを繰下げ受給と呼びます。支給開始は遅くなりますが、支給額は増額されます。

1か月繰り下げると、0.7%増える(最大で5年分まで)

となっています。例をあげると

  • 66歳0ヶ月から: 8.4%増える
  • 70歳0ヶ月から: 42.0%増える
  • 70歳1ヶ月から: 42.0%増える (※最大5年分までのため)

となります。

支給額は 万円です。
本来の年金額の %です。

年金繰上げ受給もごらんください。

支給額が増えるなら、繰下げ支給のほうが得なのかな?
長生きした場合は、繰下げ支給したほうが得になるわ。

- 当サイトの計算フォームは、自動見積フォーム「マイ見積」を利用しています。 -