公的年金等に係る雑所得の計算

公的年金の受け取り時には所得控除が適用されます。

今回は、公的年金等控除額の計算式の紹介です。

年齢:
     
他の所得:
     

他の所得の欄は「公的年金等に係る雑所得以外の所得」の金額を選んでください。

雑所得の金額(円)

計算式は以下の通りです。(令和2年以降の計算式です)

65歳未満の方
年金収入額割合控除額計算式
0~130万円100%600,000収入 - 600,000(マイナスになる場合は0)
130~410万円75%275,000収入の75% - 275,000
410~770万円85%685,000収入の85% - 685,000
770~1,000万円95%1,455,000収入の95% - 1,455,000
1,000万円~100%1,955,000収入 - 1,955,000
65歳以上の方
年金収入額割合控除額計算式
0~330万円100%1,100,000収入 - 1,100,000(マイナスになる場合は0)
330~410万円75%275,000収入の75% - 275,000
410~770万円85%685,000収入の85% - 685,000
770~1,000万円95%1,455,000収入の95% - 1,455,000
1,000万円~100%1,955,000収入 - 1,955,000

公的年金等に係る雑所得以外の所得が1,000万円超2,000万円以下の方は、控除額が10万円少なくなります。
公的年金等に係る雑所得以外の所得が2,000万円超の方は、控除額が20万円少なくなります。

確定拠出年金の拠出時の節税効果はこちらをごらんください。

繰上げ受給繰下げ受給もごらんください。

↑このページへのリンクです。コピペしてご利用ください。

タグ:   年金   投資   税金