三角形は、3辺の長さが決まれば、形が決まるので、面積も求められる。(四角形、五角形などは、辺の長さだけでは形が決まらないことがある。)

3辺の長さをa, b, cとする。面積は、

三角形の面積 = √s(s-a)(s-b)(s-c)

で求められる。ここで s = (a+b+c)/2 となる。

ヘロンの公式と呼ばれている。証明は省略するが、余弦定理などを使っていけば、最終的に上の式が出てくる。

三角形の面積はです。

この公式を使うと、三角形の面積が一発で計算できる。

高校入試や大学入試では、覚えておくと役立つかもしれない。

この記事を評価する → 4 0