入射角と屈折角の計算

屈折率の異なる媒質へ光が入射すると、光は曲がります。その角度変化を計算します。

屈折率は、空気はおよそ1、水はおよそ1.333、硝子は1.4~2.0ぐらいです。

屈折角は、 度( ラジアン)です。

媒質と入射角によっては、全反射(光が屈折して進むのではなく、全て反射する)となることがあります。

計算は、入射角をθ1、出射角をθ2、入射側媒体の屈折率をn1、出射側媒体の屈折率をn2とすると、以下の式が成り立ちます。

sin(θ2) = sin(θ1) * n1 / n2

sin(θ2) > 1 となる場合、θ2が存在しません。このとき全反射となります。

↑このページへのリンクです。コピペしてご利用ください。

タグ:   科学   理科   物理