動いている物体の運動エネルギーを求める計算式です。高校の物理(力学)で出てくる内容です。

動いている物体の質量(kg)と、その物体の速度(m/s)を入力すると、運動エネルギー(J)が算出できます。運動エネルギーの単位はジュールです。


運動エネルギーは [J]です。

計算式は、

運動エネルギー = 1/2 x 質量 x 速度の2乗

です。

速度が2倍になると、運動エネルギーは4倍になります。
速度が10倍になると、運動エネルギーは100倍になります。

自動車を運転するときに、スピードを出しすぎると、事故のときには悲惨な結果になりますが、これは運動エネルギーが速度の2乗に比例するのも理由の1つですね。
自動車の重量が同じでも、時速30kmと時速60kmでは、運動エネルギーは4倍違います。

この記事を評価する → 2 1