対数の計算

対数は、指数の逆の演算です。

  • 1000(10の3乗): log101000 = 3
  • 100000(10の5乗): log10100000 = 5
  • 1(10の0乗): log101 = 0

のようになります。上の例は、10の何乗か?という計算ですが、10の他にも、2の何乗か?という計算も、対数です。この場合は、

  • 4(2の2乗): log24 = 2
  • 32(2の5乗): log232 = 5
  • 256(2の8乗): log2256 = 8

となります。10の何乗か?2の何乗か?の10や2の部分を、と呼びます。

です。

対数は、震源の強さを表すマグニチュードや、音の強さを表すデシベルなど、日常でもよく使われています。

関連計算式