メジャーリーグでは、野球の解析に統計を使うことがあります。中でも、得点と相関が高い指標として、OPS(On-base plus slugging)があります。OPSは、

  • 出塁率 : (ヒット数+四死球数) ÷ (打数+四死球数+犠飛数)
  • 長打率 : (単打数 + 二塁打数 x 2 + 三塁打数 x 3 + 本塁打数 x 4) ÷ 打数

を足したものです。

ざっくり言うと、アウトになりにくい打者は出塁率が高くなります。また本塁打が多い打者は長打率が高くなります。

ヒット数
打率
出塁率
長打率
OPS

OPSの注意点

統計的には相関があるのですが、OPSが万能ではありません。

  • 走塁能力があまり反映されない
  • 守備能力は反映されない
  • その選手の特徴は反映されない

などに注意しなければなりません。

- 当サイトの計算フォームは、自動見積フォーム「マイ見積」を利用しています。 -