消毒液(次亜塩素酸ナトリウムなど)は、原液は濃いことが多く、通常は薄めて使用します。

希釈液の量から、使用する原液を計算

使用する原液の量は(ml)です。
計算式は「 希釈液の濃度(%) * 希釈液の量(ml) / 原液の濃度(%) 」です。

原液の濃度、希釈液の濃度、欲しい希釈液の量から、使用する原液の量を計算する式です。

  • 希釈液の濃度 x 欲しい希釈液の量 = 消毒物質の量 = 原液の濃度 x 使用する原液の量

のように計算できます。溶液に溶けている物質の量は変わらない、という点を覚えておけば理解しやすいでしょう。

このような計算問題は、看護師国家試験、 歯科衛生士国家試験、美容師国家試験などで出題されることがあります。

原液の量から、希釈液の量(水の量)を計算

水の量は(ml)です。
生成される希釈液の量は(ml)です。
希釈液の量の計算式は「 原液の濃度(%) * 原液の量(ml) / 希釈液の濃度(%) 」です。

水で薄めても、溶けている物質の量は変化しないよ。

関連計算式

- 当サイトの計算フォームは、自動見積フォーム「マイ見積」を利用しています。 -