高等学校の生物基礎の授業で、腎臓の話が出てきます。その時に、尿の濃縮についても取り上げられています。

腎臓では、まず原尿を生成し、そこから水分、体内で必要な栄養等を再吸収します。そして体内で不要なものが尿として排出されます。

例えば、

  • ブドウ糖 - 全て再吸収される
  • ナトリウム - 大部分が再吸収される
  • イヌリン  - 再吸収されない

となっています。高校生物のテストなどでは、イヌリンが再吸収されないことから、尿濃縮率(原尿からどれくらいの尿が生成されるか)を計算することがあります。

原尿のイヌリン濃度と尿のイヌリン濃度から濃縮率を計算

濃縮率は倍です。
原尿の量は (L)です。

今回は、高等学校の生物基礎の内容を取り上げました。

掲載して欲しい計算式などがありましたら、計算式の提案よりご連絡くださいませ。