お食い初めの日程計算

赤ちゃんが生まれたら、お食い初めというお祝いを行います。誕生日(生まれた日)を1日目と数えて100日目に行うことが多いですが、地域によっては110日目や120日目に行うこともあります。ぴったり100日目に行うのではなく、100日目前後の休日に親族が集まってお祝いすることも多いです。

お食い初めは、赤ちゃんが初めて食べる食事です。実際には赤ちゃんは食べずに、食べる仕草だけを行います。赤ちゃんが食べるのに困らないことを願う儀式だそうです。

100日目
110日目
120日目

お食い初めでは、最年長の親族が代表して赤ちゃんに食べる真似をさせることが多いようです。

初日は0日目(初日不算入)として計算したい場合は、今日の何日後は何月何日をごらんください。営業日(土日祝日を数えない)の計算はこちらをごらんください。

↑このページへのリンクです。コピペしてご利用ください。

  お気に入り

タグ:   日時   育児