交通事故の逸失利益計算

年収、労働能力喪失率、年数を入力すると、交通事故の逸失利益計算できます。ライプニッツ係数を使用しています。

逸失利益は、万円です。(端数は四捨五入)
計算式は (年収) × /100 (労働能力喪失率) × (ライプニッツ係数)です。

労働能力喪失率は、後遺症により、どれくらい労働能力が損なわれたか、により決まります。(障害第1級なら100%、等)

年数は、通常は後遺症の症状固定時から67歳までの年数を入力します。(40歳で症状固定した場合は27年)

利率は、ライプニッツ係数の算出に使用します。2020年4月時点では、通常は3%を設定します。

自動車の速度にはご注意ください。急ブレーキの停止距離の計算 をごらんください。

タグ:   日常生活   交通事故   自動車