確定拠出年金(iDeCo)は掛金が全額所得控除されます。掛金を拠出した分だけ課税所得が減るため、その結果所得税も減ります。

なので、課税所得と確定拠出年金の拠出額から、どのくらい所得税が減るのかシミュレーションできる計算式を作りました。

サラリーマンの方で自分の課税所得額が分からない、という方は、会社の経理担当の方にご確認ください。

年間拠出額
所得税(iDeCo無し)
所得税(iDeCo有り)
節税額

いかがでしたか。思ったより節税になる、という方も多いのではないでしょうか。

計算は所得税の節税のみですが、課税所得自体が減り、住民税なども下がりますから、かなりお得です。

試算では1月から12月まで12ヶ月掛金を支払う想定で計算しています。(1月以外の月から確定拠出年金に加入した場合は、初年度の節税額は下記の試算額より少なくなります。)また金額が一万円単位なので、千円単位の誤差が発生することがあります。

掛金の額

掛金は最小月5,000円から1,000円単位で、加入者本人が選択します。掛金の最大額は、

  • 個人事業主 - 68,000円
  • 会社員 - 23,000円(会社で企業年金などに加入している場合は、上限額が異なることがあります。)
  • 専業主婦・主夫 - 23,000円
  • 公務員 - 12,000円

となっています。

注意点

確定拠出年金は、60歳になるまで引き出しできません。急にお金が必要になった場合には対応できないのでご注意ください。

この記事を評価する → 1 0