小学校の算数での難所の1つ、食塩水の濃度の計算です。

食塩と水の重さが分かっている。濃度を求めたい。

という問題は比較的簡単ですが、

食塩の重さと、作りたい食塩水の濃度が分かっている。必要な水の量を求めたい

という問題は大変かもしれません。


食塩と水の重さが分かっている場合

まずは、食塩と水の重さが分かっている場合に濃度を求める計算式です。分数の計算になります。分子は食塩の重さですが、分母は食塩と水の合計の重さになります。

食塩水の濃度は、 (%)です。

計算式は
100 * 食塩の量 / (食塩の量 + 水の量)
です。

食塩の量と作りたい濃度が分かっている場合

続いて、食塩の量と作りたい濃度が分かっている場合に、必要な水を求める計算式です。計算はそこまで複雑では無いですが、小学校高学年ぐらいだと、式をたて間違える、あるいはどのような式を立てたら良いか分からない、ということが結構あるようです。

必要な水の量は です。

計算式は
(100 * 食塩の量 / 濃度(%)) - 食塩の量
です。

水の量と作りたい濃度が分かっている場合

最後に、水の量と作りたい濃度が分かっている場合に、必要な食塩の量を求める計算式です。

食塩の量は です。

計算式は
水の量 * 濃度(%) / (100 - 濃度(%))
です。

今回は食塩水の濃度の計算でした。

食塩水の計算は大変ですが、「セルフ塾の 中学理科(物理編) わかる教え方」に紹介されている田式計算法が良さそうな感じがしました。


お知らせ:計算フォームでは、計算式を募集しています。掲載して欲しい計算式がありましたら、問い合わせフォームよりご連絡いただけると幸いです。

この記事を評価する → 9 5