将棋の藤井聡太四段(段位は2017年7月時点)が、公式戦で連勝しています。2017年4月には、非公式戦ですが羽生善治三冠(王位、王座、棋聖)と対戦して勝利しています。
2017年7月2日に佐々木勇気五段(段位は2017年7月時点)に負けて連勝はストップしましたが、29連勝は最多記録です。ちなみに以前の最多連勝記録は、1987年に神谷広志五段(段位は連勝記録時点)が記録した28連勝だそうです。

そこで、連勝する確率を計算する式を作成しました。

連勝する確率は、 (%)です。

実際にいくつか計算してみると、

  • 勝つ確率90%で10連勝 → 34.9%
  • 勝つ確率90%で20連勝 → 12.2%
  • 勝つ確率90%で28連勝 → 5.23%
  • 勝つ確率90%で29連勝 → 4.71%

となりました。

勝つ確率90%というのは凄い数値だと思いますが、仮にこれぐらい勝率が高くても、29連勝となると、かなり大変なことがわかると思います。大相撲の双葉山69連勝は本当に凄いですね。

もちろん、実際の対戦では、対戦相手の強さや得意戦法が異なるので、単純に勝率○○%とは言えないと思われます。また藤井四段は中学三年生ということで、将棋がどんどん強くなる時期だと思われます。しかし、ここでは、簡略化のため、勝つ確率は常に一定、という想定で計算しています。

将棋のタイトル戦は番勝負(タイトル保持者と挑戦者で複数回対戦し、勝ち越した人が勝利)で行われます。番勝負の勝率計算式はこちらをご覧ください。

- 当サイトの計算フォームは、自動見積フォーム「マイ見積」を利用しています。 -