働きながら年金を受け取る場合の計算(60歳以上65歳未満)

60才になっても、元気なうちは俺は働くぞ!
60才以降も雇用される場合は、受け取る厚生年金額に影響することがあるわ。

会社員の定年は60歳のところもあれば、65歳のところもありますね。60歳定年で定年後に再雇用されることもあります。そうすると、会社から給与を貰いつつ、老齢厚生年金を受け取る、というケースもあると思います。そのような場合の支給額の計算式です。

今回は、60歳以上65歳未満の場合を取り上げます。

総報酬月額相当額(万円)
年金支給月額(万円)

厚生年金受給額を調整する制度を在職老齢年金と呼びます。計算方法は以下の通りです。(平成29年度)

総報酬月額相当額 基本月額 計算式
46万円以下 28万円以下 基本月額 - (総報酬月額 + 基本月額 - 28万円) / 2
28万円超 基本月額 - 総報酬月額 / 2
46万円超 28万円以下 基本月額 - (46万円 + 基本月額 - 28万円) / 2 - (総報酬月額 - 46万円)
28万円超 基本月額 - 46万円 / 2 - (総報酬月額 - 46万円)

表の28、46は、それぞれ、支給停止調整開始額、支給停止調整変更額です。表は平成29年度の数字ですが、年度により数値は異なります。

※総報酬月額相当額とは、毎月の賃金と、1年間の賞与の1/12の合計です。

給与と年金の合計が28万円を超えると、段階的に受け取れる年金額が減っていく仕組みになっています。

今回は60歳以上65歳未満の場合でした。65歳以上の年金支給額はこちらをごらんください。

関連計算式

- 当サイトの計算フォームは、自動見積フォーム「マイ見積」を利用しています。 -