多くのサンプルデータが存在するとき、ある数値がそのサンプルの中で、どのくらいの位置にあるか、を示す指標が偏差値です。

試験を行うと、平均点や、受験生ごとの得点のばらつきが発生します。異なる試験を受けた場合、点数が同じであっても(例えば、平均50点のテストで55点だった場合、平均70点のテストで55点だった場合、などです)、単純に比較しても意味がありません。

テストの得点そのものではなくて、平均点などを加味した指標が好ましいですね。それが偏差値です。

偏差値は、平均点50、標準偏差(得点のバラツキ具合)10に調節した値と考えることができます。こうすることで、偏差値は個別の試験の難易度に影響されにくい指標となります。試験の難易度によって平均点は異なるが、平均の力を持つ受験生の偏差値は、試験によらず、ほぼ50となります。

偏差値はです。

偏差値と順位は、だいたい下記のような目安になります。

偏差値 順位
70 上から2%
60 上から16%
50 上から50%
40 上から84%
30 上から98%

仮に受験者が1000人の場合、

偏差値 順位
70 20位
60 160位
50 500位
40 840位
30 980位

といった具合です。受験者が多ければ多いほど、目安との差は少なくなります。受験者が少ない場合は、上の目安から外れやすくなります。

この記事を評価する → 1 0